看護師が大学病院で働くメリットは?

サイトマップ

看護師が大学病院で働くメリットは?

看護師が大学病院で働くメリットとしては、チーム医療に貢献できる、学術的な研究に携われる、託児所があるところもある、労働組合が大きい、転職に有利などがあげられます。まず、チーム医療についてですが、これは大学病院のように様々な専門職がいるからこそ実現できます。やりがいや人脈も個人病院では比較ができないほど増えるでしょう。

一度、大学病院で勤めれば、大学病院を辞めてもその人脈で就職先などを紹介して貰えることもあるようです。学術的な研究をしている病院といえばやはり大学病院です。最先端の医療について学べることができ、学会の会場になることも多いため、学会に参加しやすいです。このような大学は看護師求人ランキングで上位に来やすく非常に人気のある転職先なんですね。

そして、託児所が設けられていたり、労働組合がしっかりしていて働きやすいのも大きな病院ならではです。数人で運営している病院ではシフトの融通が利かないかもしれませんが、大学病院などの大きな病院ではある程度シフトについて考えられて組まれています。

また、大学病院で様々な臨床を経験した看護師は、転職にも有利です。クリニックはもちろんのこと、学校の先生や職員としてや、企業へその経験を生かすことができます。

大学病院の給料の違いは?

看護士として働くにあたって、気になってくるのはその給与だと思います。ほとんどの方は給与をかなり気にするものなのではないでしょうか。看護士として大学病院に勤めるにあたって、大学病院同士や大学病院でない一般の病院では給与がどのぐらい違うものなのでしょうか。

どこで務めるのが給料は高いのでしょうか。看護士としての給与は働く病院によって本当にバラバラなんです。勤務内容ももちろん違ってきますし、給与も大きく違いがあることかと思います。このサイトがすごく参考になります>>>http://看護師求人サイト口コミ.jp/

そしてまた『大学病院だからといって給与がほかに比べて高いというようなことはない』ようなんですね。

実は以前は大学病院での看護士の勤務は文部省の管轄の国家公務員となっていたため、給与や退職金も高かったようです。ですが今は独立法人化されたので大学病院でなく一般の病院と大した差はないようなんです。なので給与に重きをおいているのであれば最低限の給与の希望額を決めてそれ以上ということで勤務先を探すとよいのではないでしょうか。

給与だけでなくもちろん勤務内容など他の点も要チェックですよね。